知られざる、お船謡の世界、~始動~

7月1日、木曜日。

 

ついに、ついに今年もこの時がやってまいりました。

 

この日から、浜崎界隈では夜な夜なicon歌声が響いてまいります・・・icon

 

毎年、練習開始は住江保育園。若い保母さんとお別れの挨拶を交わしながらそそくさと入園icon

 

まずは、メンバー一同で神社本殿で祝詞をあげてもらい、神聖な儀式終了icon

 

園舎に戻り、ここからが練習開始。

 

すべてのメンバーが揃うのには少々時間がかかりますicon

 

遅れて登場のO嶋卒会予定者。着いて早々声だしicon

 

練習01.jpg

「め~、で~、たー、ウォ、ウォエ~・・ゲホゲホ・・・icon。」

 

一年ぶりに歌うと大抵はむせてしまいます。

 

1ヶ月間毎日毎日、大声で練習をしてやっと丸一日歌い通せるようになるのですiconicon

 

結構大変なんですよicon

 

一通り、みんなが声を出し終わった頃、少し飽きてきたO嶋社長。

 

練習02.jpg

宮司さんが持ってきたブブセラを法螺の代わりに吹いてご満悦icon

 

法螺と違い簡単に音が出せますicon

 

そんな息抜きもしながら、毎日2時間の練習に励んでおります。

 

誰の強制でもない、みんな好きだからこそ、守り受け継いでいこうと思っているからこそ、続く伝統なんだと思います。

 

最後はかっちょ良くしめておきます・・・icon

 

疑問、質問があればどしどしお寄せくださいicon

 

次回、「社務所開き」、の巻き。

3 thoughts on “知られざる、お船謡の世界、~始動~

  1. 最後の締めの言葉に痺れました(▼∀▼)
    しかしO嶋卒会予定者の真剣なお姿は
    なかなかお目にかかれませんので
    貴重な画像ですね( ̄▽ ̄)
    次回も期待します(^▽^)/

  2. こうした知られざる伝統芸能の
    裏側は凄く興味あります♪
    引き続き宜しくお願い致します
    (*´・ω・`)ノ

  3. お船シリーズとしてすっかり定着しましたね♪知らない事がいろいろ分かって勉強になります!毎回誰かがブログキャラの犠牲になる所とかも良いと思います( ̄∀ ̄)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です