☆愛車紹介☆

 

  こんにちは、地域交流委員会FJです。

今日は私の自慢?の愛車をマニアックな角度から紹介します。

 

メーカー   富士重工業(現在のスバルです。富士重工業というのは元々は、中島飛行機という軍用戦闘機を製造する航空機メーカーで、1917年から1950まで存在しました。創業者は元海軍機関将校であった中島知久平。エンジンや機体の開発を独自に行う能力と、自社での一貫生産を可能とする高い技術力を備え、太平洋戦争終結までは三菱重工業を凌ぐ東洋最大、世界有数の航空機メーカーでした。製造されていたのは零戦以外の戦闘機で代表作では、一式戦闘機「」、四式戦闘機「疾風」(はやて)などがあります。)

 

 

年  式   1962年(昭和37年)ごろだと思われます。

 

 

型  式   ラビット S301Aスーパーフロー

 

 

主な特徴                                                          
                                                                        
  1.性能                                                             
     A型は、3段ギアミッションの採用により、従来の車よりも最高速度、登坂限度共に大幅に向上した。                                       
     B型では、ロータリーバルブ エンジンの採用により性能は更にアップした。                                                             
   2.密閉オイルバス・ユニットスイング方式の採用                       
     S601で好評であった密閉オイルバス式チェーンケースを採用して、チェーンの耐久性、騒音を
    著しく向上させた。                         
  3.3.50-10 タイヤの採用                                           
      従来より一回り大きい 17″ タイヤの採用により繰安性、乗り心地共著しく向上させた。                                              
   4.定容量型自動切断式クラッチの採用                                 
       自動クラッチの特徴を持ちながらハーフクラッチ操作が出来るのでオートバイ並の出足を味わうこと
       が出来た                             
  5.ハンドクラッチ4段ギアミッションの採用(S302BT、S402BT)        
       ハンドクラッチ 4GM の採用により走行性能を向上させてスポーテイーにした。 
                                                                                                                      
   6.トルコンの採用(S301BH)
       流体トルクコンバーターを採用してさらに乗りやすいスクーターにした。
   7.サイドカバーの採用
       従来の開閉式に比べ構造簡素にして重量軽減をはかった。

 

ラビットの終結・・・・昭和43年6月29日

  22年間にわたって製造され、日本の文化の一端を担ってきたラビットスクーターも、この日、一台のハイスーパー、S-211A 型(車体番号 S211-22565)のラインオフで 終わりをつげました。

   

 

 

   皆さんはただのボロッちい鉄屑だと思われるかもしれませんが、私には

   日本のものづくりの原点であり、当時日本の高度経済成長期を支えた職人さんたちの

   苦労が垣間見える1台だと、これからも次世代に伝えて行くべく、しっかり手入れをし大切にしていきたいと思います。

       

 

 

201007061623000.jpg

One Reply to “☆愛車紹介☆”

  1. 非常に、マニアックな角度からの投稿
    ありがとうございます♪
    次回は、メインの車体の紹介を
    期待しております
    (●*>凵<p喜q)*゜・。+゜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です